top of page

第152回定期 

肖像の彼方へ、新たなる創造

ミュンヘン国際コンクール第1位、プラハの春国際音楽コンクール1位、ジュネーヴ国際コンクール最高位。

輝かしいキャリアを積むキム・ユビンが初挑戦する、全曲フルート協奏曲での演奏会。

「(師である当団創立者)金先生へのオマージュを捧げたい」と、特別な思いとともに来日します。

2024年7月25日(木)19:00  東京文化会館小ホール

モーツァルト:

アンダンテ

フルート協奏曲 第1番 ト長調

フルート協奏曲 第2番 ニ長調

C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 ニ短調

 

フルート独奏 キム・ユビン

オーケストラ アンサンブル of トウキョウ(指揮なし)

S席5,000円 A席4,500円 B席4,000円 

学生(A,B席のみ)3,500円  全席指定

IMG_0644.HEIC

ヴァイオリン 小林美恵

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学を首席で卒業。在学中に安宅賞、福島賞を受賞。1990年、ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝。以来、国内外で日本を代表するヴァイオリニストとして活躍。これまでに、国内の主要オーケストラ、ハンガリー国立交響楽団、プラハ交響楽団と共演。2015年デビュー25周年の記念リサイタル、2018年からHakuju Hallで全6回のリサイタルシリーズを好演。CDは「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)」等多数。使用楽器は昭和音楽大学所有の1734年製ストラディヴァリウス。 現在、昭和音楽大学客員教授。愛知県立芸術大学でも後進の指導にあたっている。

IMG_0643.HEIC

ヴァイオリン 原敦子

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を経て、同大学院修士課程修了。オーストリア国際室内楽音楽祭にて優秀賞を受賞、ストラディヴァリウスコンクール入選。ウラルスク国際ヴァイオリンコンクール優勝。
芸大大学院修了後2年間、文化庁芸術家在外研修員としてオーストリア・ウィーンに留学。ウィーン国立音楽大学大学院室内楽科修了。日本各地をはじめ、アメリカ、イギリス、スコットランド、カザフスタン、インドでのリサイタルや演奏会に出演し、意欲的に活動している。東京芸術大学大学院室内楽科非常勤講師を経て、芸大フィルハーモニア管弦楽団奏者。

IMG_0645.HEIC

ヴィオラ 大野かおる

5歳よりヴァイオリンを始め15歳でヴィオラに転向する。東京藝術大学大学院修了。在学 中より活発な演奏活動を開始。ターティス国際ヴィオラコンクール(イギリス)では2つの 特別賞を、東京国際音楽コンクール「室内楽」では第一位入賞併せて2つの特別賞を受賞。 ソロと室内楽を中心に国内外で活躍。アンサンブル ofトウキョウでは創立以来メンバーと して活躍。著名なアーティストとの共演は数え切れず常に高い信頼を得ている。現在はカ ルテット・プラチナムのメンバーとしても活躍。東京藝術大学、東京音楽大学ほかで後進 の指導も行う。

IMG_0648.HEIC

ヴィオラ 村田恵子

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程修了。神戸文化ホールフェスティバル2002「はばたけ神戸の若き音楽家たちⅤ」最優秀賞受賞。第 4 回日本アンサンブルコンクール最優秀演奏者賞受賞。五嶋みどり氏主催「第2回コミュニティエンゲージメントプログラム2007(カンボジア)」「小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクト」などに参加。現在、東京都交響楽団ヴィオラ副首席奏者、トリトン晴れた海のオーケストラメンバー。

IMG_0646.HEIC

チェロ 河野文昭

京都市立芸術大学卒業。ロスアンジェルス及びウィーン国立音楽大学にて研鑽。黒沼俊夫、G・ライトー、A・ナヴァラの各氏に師事。1984 年帰国後は独奏者として、またアンサンブル ofトウキョウ、AOI( 静岡音楽館 ) レジデンス・クヮルテットなどのメンバーとして、室内楽の分野でも、国内外に幅広く精力的な演奏活動を行ってきた。1981年第 50 回日本音楽コンクールチェロ部門第 1 位。2017 年京都市文化功労者。現在、東京藝術大学教授。

IMG_0647.HEIC

チェロ 羽川真介

東京芸術大学を経て東京芸術大学大学院修了。Pacific Music Festival参加。学内にて「モーニングコンサート」に選ばれ、芸大オーケストラと共演。IMPULUS現代音楽祭(オーストリアグラーツ)に招待参加。2002年より芸大フィルハーモニア管弦楽団において首席奏者を務める。現在東京藝術大学管弦楽部非常勤講師。藝大フィルハーモニア管弦楽団首席奏者。洗足学園音楽大学准教授。アンサンブルコルディエメンバー。東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などに客演首席奏者として招かれている。

IMG_0642.HEIC

オーボエ独奏 青山聖樹

幼少よりドイツで育ち、名手インゴ・ゴリツキー氏のもとでオーボエを始める。東京芸術大学附属音楽高校、同大学を経てシュトウットガルト音楽大学を卒業。ボン・ベートーヴェン・ハレ管弦楽団の首席代行、フィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者、NHK交響楽団首席オーボエ奏者を歴任後、2023年より韓国チェンバーオーケストラ首席奏者に就任。 ソリストとして KBS交響楽団、韓国交響楽団、北京交響楽団、ソフィア・フィル、フィルハーモニア・フンガリカ等と協演。EMI、Octavia、TelDec、Credia 、Genuin MeisterMusic等より15枚以上のCDをリリース。

bottom of page