top of page

第150回特別定期 

Hic et Nunc__今ここで、この瞬間を

1986年上野での小さな演奏会からはじまったアンサンブル of トウキョウは、たくさんの方々の支えられ、ついに第150回定期を迎えます。

Hic et Nuncとは「今、ここで」というラテン語のことわざ。人間の創り出した藝術の軌跡に感謝を込め、ひとつの集大成ともいえる演奏会となります。

創立者ゆかりの地、アートシーンが活発化する韓国からも音楽家がかけつけ、特別な瞬間に彩りを添えます。

2024年3月17日(日)14:00  紀尾井ホール

 

サリエリ

フルートとオーボエのための協奏曲  

Fl村上成美 Ob青山聖樹

ベートーヴェン

弦楽四重奏曲 第11番『セリオーソ』弦楽合奏版

ブラームス

ヴァイオリン協奏曲  Vn玉井菜採

オーケストラ 指揮なし

(Vn) 戸原直 吉村知子 吉原葉子 佐原敦子 入江真歩 

       小川恭子 北川千紗 菊川穂乃佳 辻純佳 

       登坂理利子 増尾朗子 弓塲多香子 吉鷹梨佐
(Va) 大野かおる 田原綾子 髙梨瑞紀 Jayyoon Kim

(Vc) 羽川真介 懸田貴嗣 Jae-Yoon Chung

(Cb) 渡邉玲雄 丸地郁海
(Fl) 村上成美 宮崎由美香
(Ob) 青山聖樹 中山亜津紗
(Cl) 和川聖也 浦畑尚吾
(Fg) Young-Jin Choe Hyunjun Kim

(Hr) 日髙剛 田中みどり 幸喜いずみ 浅井春香 

(Tp) 大西敏幸 重井吉彦
(Timp) 神戸光徳

 

S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円 

学生(A,B席のみ)3,500円  全席指定

150.jpg

TEL予約 045-595-0223

ヴァイオリン独奏 玉井菜採

桐朋学園大学在学中に、プラハの春国際コンクールに優勝。卒業後、スヴェーリンク音楽院、ミュンヘン音楽大学にて研鑽を積む。この間、J.S.バッハ国際コンクール最高位をはじめ、エリザベート王妃国際コンクール、シベリウス国際コンクールなど、数々のコンクールに入賞している。平成14年度文化庁芸術祭新人賞、平成20年度京都府文化賞奨励賞など受賞。国内外で活発な演奏活動を展開している。紀尾井ホール室内管弦楽団コンサートマスター、東京クライスアンサンブルのメンバー。東京藝術大学教授。使用楽器は藝大所蔵のStradivarius“Ex-Park(”1717)。

IMG_0651_edited.png

フルート独奏 村上成美

東京藝術大学、同大学院を修了。同大学管楽器科の助手を務め、独奏者、室内楽奏者として 活動をはじめる。第 3 回日本管打楽器コンクール入選。国内のみならずアメリカ、スウェーデン、ドイツでの演奏や、スイス VDE・Gallo 社よりCDを発売。また画家コロー、モネ、ワイエス、ゴッホの作品世界をイメージしたアルバムをリリースする等、美術との融合による新たな音楽活動 を実践している。吉田雅夫、金昌国、H・P・シュミッツの各氏に師事。

IMG_0642.HEIC

オーボエ独奏 青山聖樹

幼少よりドイツで育ち、名手インゴ・ゴリツキー氏のもとでオーボエを始める。東京芸術大学附属音楽高校、同大学を経てシュトウットガルト音楽大学を卒業。ボン・ベートーヴェン・ハレ管弦楽団の首席代行、フィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者、NHK交響楽団首席オーボエ奏者を歴任後、2023年より韓国チェンバーオーケストラ首席奏者に就任。 ソリストとして KBS交響楽団、韓国交響楽団、北京交響楽団、ソフィア・フィル、フィルハーモニア・フンガリカ等と協演。EMI、Octavia、TelDec、Credia 、Genuin MeisterMusic等より15枚以上のCDをリリース。

bottom of page