​ピアノ
梅村祐子
梅村祐子.jpg

4歳よりピアノを始め、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」、桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学ピアノ科を卒業。 在学中より室内楽を中心に演奏活動を開始。卒業後、様々なコンクールの公式伴奏者を務める。さらにドイツにおけるシュポア国際ヴァイオリン・コンクールにおいて《ソナタ賞》及び《最優秀伴奏賞》を受賞するなどアンサンブル・ピアニストとして高い評価を得る。その後も内外の数々の著名な演奏家との共演を重ね、千住真理子&N響のメンバーによるアンサンブルの公演ではチェンバリストとして数多く出演している。CD録音、放送、音楽祭と室内楽の分野において第一級のアンサンブル奏者として活躍している。 また、これまでの豊富な経験をもとに“自主企画による室内楽シリーズ”も行っている。

​主な出演情報

COMING SOON